本文へスキップ

北 行政書士・社会保険労務士 事務所は、離婚公正証書の文案作成、公正証書の作成手続き、重要な送達手続まで一括代行致します。

北 行政書士・社会保険労務士 事務所は、離婚公正証書の文案作成、公正証書の作成手続き、重要な送達手続まで一括代行致します。

北事務所では、ご依頼人ご夫婦の状況に応じた離婚公正証書の文案を作成し、ご夫婦に代わって公証人役場にて離婚公正証書を作成致します。
北海道から沖縄、小笠原諸島まで、日本全国よりご依頼を頂いております。遠方の方もご安心ください。

離婚協議の内容を公正証書にする重要性新着情報

画像をクリックして拡大表示

  • 上の画像は北事務所がご依頼人ご夫婦に代わって作成した離婚公正証書です。
  • 養育費、慰謝料等、金銭の支払いに関する合意事項は、「公正証書」にしておくことにより、滞納が発生した際に直ちに強制執行が可能となり、同時に 相手方(養育費等を支払う側)に対して心理的圧力をかけることが出来ます。
  • 「公正証書」は証拠能力として疑いをもたれる余地がありません。 また、万が一お手元の公正証書を紛失することがあっても、「原本が公証人役場に保管されている」ため、非常に安心です。  
  • 写真のような「公正証書」を作成し、不安を解消したうえで、新たな人生を踏み出しましょう。北事務所が文案の作成から公正証書の完成までサポート致します。

離婚公正証書作成代行:九つの特徴

離婚公正証書作成代行サポート内容の特徴です。
北事務所の主力業務です。実務経験豊富な北事務所が全力でサポート致します。


  • 時期を逸することの無きよう素早い対応にてサポート致します。
  • 当事者同士の離婚協議前日、若しくはその当日のお申し込みでも、公正証書文案の提示は可能です。臨機応変に対応致しますので、まずはご相談をお寄せ下さい。

  • 北事務所が代理人となり公証人役場に赴きますので、ご依頼人ご夫婦が公証人役場に出向く必要は一切ありません。
  • 公証人との難しい協議は、代理人である北事務所がその一切を行います。

  • 北事務所のこれまでの豊富な実務経験によって、御夫婦の事情に合わせた多彩な公正証書文案を考案いたします。
  • 養育費、財産分与、慰謝料、面会交流、年金分割、その他必須の項目について、将来における争いや支払いの滞納を予防するため、しっかりとした内容の離婚公正証書を作成することが可能です。

  • 御夫婦の事情、御要望に合わせて、御夫婦ごとに「完全オーダーメイド」の公正証書を作成いたします。

  • 納得のゆく公正証書作成のため、相談の回数や時間に制限は設けておりません。また、それによって弊事務所の報酬が増加することもありません。
  • お仕事が終わってから、お子様が寝付いてから、家事が一段落ついてから、夜間に落ち着いて相談したいという方のため、ご依頼人からの電話相談は平日休日関係なく、午前1時頃まで承っております。

  • 協議の進み具合にもよりますが、お申込から最短で10日にて完成した事例もあります。
  • ご依頼人の状況によって作成期間は異なりますが、2週間から1カ月を目途に完成を目指します。       
  • お子様の入学進学、転校に間に合わせたいというご依頼にも対応しております。

  • 公正証書を作成しただけでは不十分です。強制執行の際に必要となる事前の「送達手続き」を一括して代行するので安心です。
  • 「送達手続き」について、別途北事務所の報酬は発生しません。

  • 北事務所の報酬は金54,000円の固定料金です。公正証書に記載する内容や、代理人の人数、その他の理由によって北事務所の報酬が増加することはありません。
  • 別途、公証人役場に支払う手数料が必要となります。この点は何卒、ご了承くださいませ。





無料匿名での電話・メール相談を実施中新着情報

  • 養育費、財産分与、慰謝料、年金分割、面会交流、その他諸々の離婚に関するご相談を、弊事務所へのご依頼の有無に関わらず「予約不要」「無料匿名」「電話又はメール」にて承っております。 回数にも特に制限を設けておりません。
  • 北事務所の業務に関するご相談も、遠慮なくお寄せ下さい。
  • 相談者様のお名前等は一切伺いません。守秘義務の課された事務所代表が直接伺いますので、 御親族や御友人に相談するような気持ちで、お気軽にご相談をお寄せ下さい。
  • 北事務所代表携帯電話はドコモです。通話料金が発生する場合には、北事務所より直ちに電話をかけ直させて頂きますので、その旨お申し出ください。


スマートホンの場合、タップすれば発信画面に変わります。





  • メール相談又は電話相談の回答に対するお礼のメール、お手紙等を頂戴することがございますが、ご相談内容が含まれていない場合には、北事務所からの再度のメール又は電話を差し上げることはございません。この場をお借りして、お礼を頂いたご相談者様へ篤く御礼申し上げます。

離婚協議の虎の巻「離婚協議書記載例170」




  • 離婚協議書作成に必要となる主な170例をピックアップ。
  • 掲載している記述例をそのまま使用して、離婚協議書の作成が可能。
  • 全て著者が考案し、離婚公正証書作成時にも実際に使用したたオリジナルの記述例。
  • インターネットや、市販図書に掲載されているサンプルや記述例とは全く別の、実用的記述例。
  • 170例を参考に、離婚協議で取り決めるべき事項を事前に把握することが可能。
  • 本書を用いることにより費用を抑えたうえに、内容の充実した離婚協議書、公正証書の原案を作成することが可能です。


ナビゲーション









無料匿名相談・回答メール返信状況

更新
現在、返信不可能なメール相談はありません。 未だ回答メールが届いていない方は、お電話にてご一報くださいますようお願い申し上げます。

北事務所の著書紹介


「離婚協議書記載例170」

離婚公正証書の作成に対応した記載例を多数掲載しており、離婚協議書作成時だけでなく、離婚協議の「下調べ」にも威力を発揮します。

北 行政書士・社会保険労務士 事務所

〒590-0079
大阪府堺市堺区新町5番7号 北ビル2F

事務所電話番号  072-205-8584
代表携帯電話   090-7363-9861
事務所FAX番号   072-220-7727
大阪府行政書士会会員
登録番号第08260519号
会員番号第5460号
大阪府社会保険労務士会会員
登録番号第27080090号
会員番号第17543号

子供と海やプールに行くのが楽しみな3児の平凡な父親です。

事務所マップ


大きな地図で見る
堺市市役所本庁と大阪地方裁判所堺支部が目の前にあります。南海電鉄高野線堺東駅徒歩6分
ooigjkjktivgv,uc5icugd5icyci56ucuciuvivu