本文へスキップ

北 行政書士・社会保険労務士 事務所は、離婚公正証書の文案作成、公正証書の作成手続き、重要な送達手続まで一括代行致します。

公正証書完成までの流れお申込みから、離婚公正証書が完成するまでの流れ

完成までの大まかな流れをつかんでおきましょう。

  1. 「離婚公正証書作成代行」をお申し込み後、直ちにお客様から「その時点での離婚協議の内容」や「記載を希望する内容」の聴取を始め、離婚公正証書の文案を作成し、翌日中若しくは2日以内にその内容をご確認頂きます。
  2. 弊事務所にて作成する「離婚公正証書の文案」をたたき台として、さらにご夫婦での協議を深めていただきます。
  3. ご夫婦からのご意見を伺い、「離婚公正証書の文案」をご夫婦双方が納得するまで、何度でも改訂いたします。
  4. 公正証書の原案となる「離婚公正証書の文案」がまとまり次第、北事務所がご夫婦双方の代理人となって公証人役場にて「公正証書」を完成させます。
  • その都度、分かりやすく説明致します。ご安心ください。
  • 不明な点がございましたら、無料匿名電話・メール相談からご相談くださいませ。

お申し込み後のより詳細な具体的流れ

  1. お申し込み内容入力フォーム」よりお申し込み頂きます。
  2. お申し込み入力フォームから送信後、直ちに自動返信にて受付確認のメールが入力いただいたメールアドレスに送信されます。
  3. お客様が入力されたお申し込み内容を弊事務所が確認後、本職がメールもしくはお電話にて協議の内容、記載を希望する内容を聴取し、公正証書の原案となる「離婚公正証書の文案」を作成し、その内容をご確認頂きます。
    ※ここまで、早ければ申込み当日中、若しくは、翌日中の作業となります。
  4. Bの段階にて、弊事務所の報酬を請求させていただきます。請求後、弊事務所指定の口座に弊事務所報酬(金54,000円)のお振り込みを完了して頂きます。
  5. Bの段階で作成した離婚公正証書の文案をたたき台として、ご夫婦間にて協議内容をつめていきます。納得がいかない点、疑問点は遠慮なく何でも質問していただきます。質問、相談は遠慮せず、疑問に思う点は絶対に相談していただくようにお願いしています。離婚公正証書の文案は「公正証書」の原案となるものです。ご夫婦が納得のいくまで、何度でも改定いたします。
  6. 改定を重ねた離婚公正証書の文案にご夫婦双方が納得した段階で、最終的にまとまった内容を記載した「公証人への委任状」を郵便にてお申込者のもとに送付いたします。
  7. 弊事務所より送付した「公証人への委任状」にご夫婦双方が署名、実印を押印し、弊事務所宛に「公証人への委任状」及び必要書類を返送して頂きます。
  8. Fまでの間に、弊事務所と公証人において最終の打ち合わせを行います。この段階で公証人役場の手数料が確定いたします。金額をお知らせいたしますので、弊事務所指定の口座に速やかにお振り込みを完了して下さい。
  9. 弊事務所に委任状が到着次第、公証人役場に公正証書作成の正式な嘱託をいたします。
  10. Hの時点までに、公証人とは折衝を重ねておりますので、正式な嘱託と同時に公正証書の正本及び謄本の交付がなされます。この際、債務者(支払う側)への公正証書謄本の送達手続きが取られ、公証人役場より直接債務者へ公正証書謄本が送達されます。債権者(貰う側)が保管する公正証書正本は弊事務所が持ち帰ります。
  11. 債務者(養育費等を支払う側)への送達手続きに関しては、この時点で行っておく場合と、行わない場合があります。この点についても、申込者、公証人と相談を重ね検討することになります。
  12. 債務者の方(支払う側)に送達された公正証書謄本を受け取っていただくと、公証人役場に受け取りの通知が返送されます。(この送達の作業で1週間ほどかかります。)
  13. 公証人役場に債務者(養育費等を支払う側)が受け取ったと言う通知が届くと、「送達証明書」が交付されますので、当事務所が受け取りに行きます。
    Hで受取った「公正証書正本」
    Lで受取った「送達証明書」
    Hで受取った「公証人役場手数料計算書兼領収書」
    の3点を債権者(貰う側)もしくはお申し込み者に弊事務所から「書留郵便」にて発送いたします。
  14. ご夫婦で署名押印された離婚届を市区町村役場に提出します。
  • 以上が「離婚公正証書作成代行」完成までの作業の流れです。お申し込みから完成までの期間は、ご夫婦で話し合いが進んでいる場合、平均して約1ヶ月となります。過去の最短期間は1週間です。
  • 時間を無駄にしないため、公証人との協議は北事務所が並行して進めて参ります。
      

離婚に関するご相談を無料匿名にて承ります。


スマホの場合、タップすれば発信画面に変わります。




  • 養育費、財産分与、慰謝料、年金分割、面会交流、その他諸々の離婚に関するご相談を、弊事務所へのご依頼の有無に関わらず「予約不要」「無料匿名」「電話又はメール」にて承っております。 回数にも特に制限を設けておりません。
  • 北事務所の業務に関するご相談も、遠慮なくお寄せ下さい。
  • 相談者様のお名前等は一切伺いません。守秘義務の課された事務所代表が直接伺いますので、 御親族や御友人に相談するような気持ちで、お気軽にご相談をお寄せ下さい。
  • 北事務所代表携帯電話はドコモです。通話料金が発生する場合には、北事務所より電話をおかけ直しさせて頂きますので、その旨お申し出ください。
  • メール相談の回答メールに対するお礼の返信メールを多数頂きますが、ご相談内容が含まれていない場合には、北事務所からの再度の回答メールは送信致しません。この場をお借りして、お礼メールを頂いたご相談者様へ篤く御礼申し上げます。


ナビゲーション










北 行政書士・社会保険労務士 事務所

〒590-0079
大阪府堺市堺区新町5番7号 北ビル2F

事務所電話番号  072-205-8584
代表携帯電話   090-7363-9861
事務所FAX番号   072-220-7727
大阪府行政書士会会員
登録番号第08260519号
会員番号第5460号
大阪府社会保険労務士会会員
登録番号第27080090号
会員番号第17543号

子供と海やプールに行くのが楽しみな3児の平凡な父親です。海釣公園ではおいしいサゴシが釣れました。

無料匿名相談・回答メール返信状況

更新
現在、返信不可能なメール相談はありません。 未だ回答メールが届いていない方は、お電話にてご一報くださいますようお願い申し上げます。

北事務所の著書紹介


「離婚協議書記載例170」

離婚公正証書の作成に対応した記載例を多数掲載しており、離婚協議書作成時だけでなく、離婚協議の「下調べ」にも威力を発揮します。

事務所マップ


大きな地図で見る
堺市市役所本庁と大阪地方裁判所堺支部が目の前にあります。南海電鉄高野線堺東駅徒歩6分