本文へスキップ

養育費とは?CONCEPT

     

本ページでは、「養育費」の意味についてご説明いたします。

養育費の基礎知識・項目へもどる

「養育費」は子供のためのもの

  • 離婚をする際に、ご夫婦の間に未成年の子がいる場合、その未成年の子の親権者及び、実際に引き取って監護養育をするのはどちらかを決定しなければなりません。
  • 養育費とは未成年の子を引き取っていない側の親が実際に未成年の子を引き取って監護養育している側の親に支払う未成年の子が生活をしていくために必要な費用のことです。「養育費用」と呼ばれる方もおられますが、一般的には「養育費」と言います。
  • この養育費には未成年の子に教育を受けさせるために必要となる費用や、未成年の子の医療費なども含まれています。また、毎月の養育費月額を取り決める以外に、別途、教育費や医療費などに対する取り決めを行うことも可能です。

離婚後も続く「子供を扶養する義務」

  • 離婚後、未成年の子を実際に引き取っていなくても、その親(監護者に対して非監護者と言います)には未成年の子を扶養する義務があります。養育費の支払いはその扶養する義務から発生するものであるため、一方的に支払いを拒否することは出来ません。また、そのような取り決めをしても、その部分は「無効」であると解されております。

「養育費不請求の合意」について

  • 極稀に、未成年の子を実際に引き取る側の親が、引き取っていない側の親と、子の養育費に関しては請求しないと言う取決めを離婚の際にすることがあります。この取決めは公証人にもよりますが、公正証書にも記載が可能と考えられています。
  • 親同士のこの取決めは後々、事情に変更がない限り有効なものと考えられております。
  • しかし、このような親同士の取決めは未成年の子が引き取っていない側の親に対し自分の扶養料を請求することまで制限できるものではありません。
  • 結局のところ、このような取決めをしても、子供からの請求は可能であるので、このような記載自体があまり望ましいものではないとも考えられています。


初めてのご相談・ご質問は無料匿名で承りますCONCEPT

予約不要の無料匿名相談を電話・メールにて実施中。お電話又はメールにてお気軽にご相談ください。
誰かに話をするだけで、少しは気持ちが楽になります。友人に相談するような気持ちでご相談ください。

電話相談(平日、休日関係なく  9:00〜22:00 まで受け付け中)

事務所代表が直接回答いたします。お気軽にご相談ください。
お名前等の個人情報は伺いません。ご安心ください。

  • 事務所電話番号
    072−205−8584       
  • 代表直通携帯電話番号
    090−7363−9861

メールで相談

(24時間受け付けております)

(メールアドレス・ニックネーム・相談内容のみのご記入です。)


  • メール相談は返信先に携帯メール・フリーメール指定可能。
  • 実名ではなくニックネームで相談可能。
  • テンプレートではなく、オリジナルの回答をご用意。
  • 弊事務所からの電話や、回答メール以外の販売促進につながるメール等の発信は一切ありません。
  • ホームページ右方の「回答メール返信状況」にて現在の返信状況を確認できます。
    平成27年1月3日午後4時25分更新       

無料匿名相談で多く寄せられるご相談・ご質問内容

下記は概要です。本来のご質問内容はもっと長文です。

  • 私のケースでは公正証書にするべきか?
  • 離婚協議書又は公正証書の作成にかかる費用はどのくらいか?
  • 不動産の財産分与・住宅ローンの処分について。
  • 養育費の金額について。
  • 公正証書の完成までにかかる時間はどのくらいか?
  • 既に離婚しているが、再度協議して、公正証書を作成することが出来るか?
  • 養育費・慰謝料等の連帯保証人について。
  • 面接交渉権、年金分割等について。
  • 何をどうしたら良いのかも分からない。
  • その他


無料匿名相談・回答メール返信状況

平成27年1月3日午後4時25分更新
現在、返信不可能なメール相談はありません。 未だ回答メールが届いていない方は、お電話にてご一報くださいますようお願い申し上げます。

北 行政書士・社会保険労務士 事務所

〒590-0079
大阪府堺市堺区新町5番7号 北ビル2F
事務所代表氏名  北  英幸

TEL 072−205−8584
代表携帯電話 090−7363−9861
FAX 072−220−7727

子供と海やプールに行くのが楽しみな、3児の平凡な父親です。

著書の紹介

「離婚協議書記載例170」

離婚公正証書の作成に対応した記載例を多数掲載しており、離婚協議書作成時だけでなく、離婚協議の「下調べ」にも威力を発揮します。
製本版の販売を開始いたしました。